シャープでクリアな視界をアナタに
お知らせ

シャープでクリアな視界をアナタに

シャープでクリアな視界?

日本全国でのコロナ感染者数はますます増加しています。

「過去最多」を更新する日が増え、東京、大阪などの首都圏やその周辺地域、北海道など、確保できる病床数 < 患者数 となる地域も出始めています。

11月に入るころから兆しを見せ始めた「コロナ 第3波」には、大きく2つの特徴があります。

l  重症化リスクの高い高齢者の割合が増える傾向があること

l  クラスターが多様化しており、感染経路の特定など行政の対応が難しくなっていること

 

首都圏などでは「街中でも一般の人がフェイスシールドを付けて外出する」という姿が見られるようになってきました。

 

でも、私たち一般の人が普段使いにできるものと、医療者が医療の現場で使えるものには違いがあるのでは?

 

そんな疑問を払拭する、シャープでクリアな視界を確保できる高性能フェイスシールドが、シャープ株式会社より発売されました。

 

シャープ フェイスシールドシリーズ

 

「命をまもるひとをまもりたい」という願いを込めて

販売されたフェイスシールドシリーズは、全部で4種類。

いずれも

l  液晶パネルで培った技術を活用したフィルム

l  装着感や耐久性に優れたチタンフレーム

という、使う人にも優しい仕様となっています。

 

デザインを担当したのは、【まもるをまもる】の代表理事、大浦イッセイ氏。

こちらに、同じく代表理事の西垣氏も写真で登場しています。

 

 

この高性能フェイスシールド、利用シーンは医療現場だけではありません。
介護施設や学校、公共機関等の受付、飲食店などなど……。
命をまもってくれる人たちと、私たちの生活を支えてくれる人たち。
たくさんの人たちに「シャープでクリアな視界」を体感していただき、ストレスなく行動できる社会をつくり上げていきたいです。