「evaGrapy」がテーマ拡大と機能拡大、提携先の受付開始

「evaGrapy」がテーマ拡大と機能拡大、提携先の受付開始

社会に潜む“命に関わる様々な社会課題”のテーマを気軽に投稿可能になり共創促進

専門の枠を超えて医療現場などの社会課題やニーズを“画像とコメントで共有”し、課題解決を促進するプラットフォーム「evaGraphy(エヴァグラフィー)」を、投稿テーマの領域拡大と機能拡大を実施し、新たに2022年6月17日リリース致します。これにより民間企業・アカデミア・行政機関などが、医療分野に限らず様々な命に関わる社会課題をテーマに投稿できるようになります。例えば、民間企業の新規事業開発部門や技術部門などに所属する方や、自治体の都市計画局部門などに所属する方がリーダーとして、プロジェクトを立ち上げることができます。
これに伴い、命に関わる社会課題を解決したい多方面の提携先を募集し、さらなる社会課題の解決支援を目指します。

社会に潜む“命に関わる様々な社会課題”のテーマを気軽に投稿可能になり共創促進

「evaGraphy」:使用目的例と新たな機能

バグを発見した時に、いつでもどこでも気軽にチームで議論や共創するための場です。
1つのテーマにおいて多様な立場の人々がバグを発見し、様々な角度から改善していくことで、より快適な社会を創造することが目的です。例えば、命に関わる社会課題を解決する「新商品のアイデア探索のための情報収集」「ヒヤリハット削減」などにおいての使用が考えられます。
新たな機能:
1.数種類のテーマを同時に立ち上げて、投稿することができます。

2.まもるをまもるの会員以外の方でも基本情報を登録することなく、より簡単に投稿できます。
3.データは、記録としてダウンロードすることが可能です。(オプション)
▶詳細サイト : https://www.evagraphy.com/
▶お問合せ先:https://mamoru2.com/contact.html
「evaGraphy」:使用目的例と新たな機能