国循イノベーションカフェサテライトに代表理事が登壇します

国循イノベーションカフェサテライトに代表理事が登壇します

国循イノベーションカフェサテライトに代表理事が登壇します

国循イノベーションカフェサテライトに代表理事が登壇します

2022年7月13・27(水)にイノベーションカフェサテライトが開催され、代表理事の大浦イッセイが登壇いたします。

医療従事者、企業向けのセミナーで、医療現場の写真から問題点を洗い出し、異業種からの意見をもとにディスカッションを行います。

創造力を養うメソッドを学び、医工連携をクリエイティビティに思考してみるワークショップです。

イベント詳細は以下リンク先をご覧ください(サイエンスカフェ HP)

https://www.science-cafe.jp/event/post-3582/

イベントの流れ

1回目:7月13日(水)
16:00  2日間の流れ説明
16:20  アイスブレイク(対話型鑑賞)
16:40  ピクチャーシンキンング
17:10  ニーズの仮説
17:40  宿題の説明
18:00  終了


2回目:7月27日(水)
16:00  進化思考解説
16:20  宿題から適応を考える
16:45  ニーズの仮設から異変を考える
17:10  シナリオを考える
17:35  コンセプトを考える
18:00  終了

代表理事 大浦イッセイよりコメント

クリエイティビティな医工連携って難しそうに聞こえますが、、実際は言葉の印象以上にかなり難しいことです!難しいからこそクリエイティビティな思考を医療に関わる人がインストールする必要があって、クリエイティビティな人材が育たないと医療現場がエモーショナルに進化してゆかないと思っています!今回のワークショップでクリエイティビティーな思考に触れて興味を持っていただければと思っています!

大浦イッセイ プロフィール

インダストリアルデザイナー / プロダクトデザイナー

大阪府出身。26歳(1987年)のときに金属彫刻、表現家として独立、金属モニュメント、金属オブジェ作品から、プロダクトデザイン、空間デザイン、UXデザイン、ブランドプロデュースなどを手がける。2002年からはインダストリアルデザインに関わり、グッドデザイン賞などを多数受賞。また、2014年からは臨床現場のニーズを基にした健康・医療関連のデザインを手がけ、メディカルアイウェアブランドを立ち上げ、事業化している。2016年からは、医療機器開発支援、医工連携プロデュース、オープンイノベーションなど、健康・医療に関わり、NEDOの医療福祉関連のピアレビュアなども務める。2018年には特別非営利活動法人まもるをまもるを立ち上げ、社会的な活動に尽力している。

大浦イッセイ プロフィール